心理、魂、名言、感動する話, 日々の感じたこと

音の瞑想会に参加しました

下りてくる音を弾く人に会いました。

おはようございます。

宇宙銀行アドバイザー®︎のもりざわじゅんこです。

昨日はお友達に教えてもらった音の瞑想会に参加しました。

何をするのかわからなかったのですが、下りてくる音を弾くという方に会いたくて参加。

エネルギー交換があり、初参加の私のためにも個別のメロディを奏でてくださいました。

私のためのメロディは、初めとても楽しくて「神さまありがとう!」と天に思いました。次に音が変わったら、全て分かってるよ、大丈夫だよ…と言われているようでした。涙ポロポロでしたよ。

終わったときにその方は私に「大丈夫だよ」と言ってくれました。ありがとう!

初めての音の瞑想タイム

それから、瞑想タイム…それぞれが好きなスタイルで音を受け取りました。

終わったあとにシェア会があったのですが、人によって受け取り方が全く違うことが分かりました。

私の場合は「私のこれからの人生」として受け取りました。

初め、穏やかな旋律から始まって

そして、力強い音…このとき私は自分で「私は神の子だ!」と力強く思っていました。

そのあと、周りに愛をまいている私が続き…

それから私は天に還って神さまから「よく頑張ったね」ってほめられる…

そんなことをイメージしました。

そのあとも真っ暗な部屋の中、さまざまな事が頭をよぎりました。

そして、私がずっと考えている屋号を「これね!」って思い出した感覚になりました。

シェア会では、主催の素晴らしい方が、私に言ってくれました。

「あなたはもう開いてるわね。ここには確認に来たのね」って。

分かってくれていたんですね〜〜!と思うと同時に、ちゃんとハッキリ言ってもらえてとてもありがたかった〜〜(^○^)

昨年、ちょうど今ごろパワーパーソンに教えをいただき、今年はまた別のパワーパーソンからこれからのアドバイスもいただきました。

教えてくれたお友達に、全ての出会いに感謝しかありません。

ありがとう!ありがとう!

今日もここまで読んでくださってありがとうございます。愛を込めて。

宇宙銀行のしくみ, 日々の感じたこと

宇宙銀行のしくみを伝えたいわけ。

宗教と間違えられますが…

こんばんは。

今日は改めて、私がなぜ宇宙銀行のしくみをお伝えして行こうと決めたのかをお話ししたいと思います。

そもそも「宇宙銀行」ってなに?という話から始まりますが、

簡単にいうと「しあわせをいっぱい感じるために知っておきたいこと」です。

ときどき宗教と勘違いされますが、宗教よりも高い位置からのお話です。

「エンゼルハート」という映画にこんなセリフがありました。

「宗教は人間の愛よりも憎しみを募らせるのだ」

そして、

「神との対話」の本の中でも神さまがおっしゃいます。

「宗教は自分が正しいと主張し、他を認めず争いを起こす。”彼ら”の教えは地獄に落ちるとか悪魔に呪われるとか…だけど、そんなものはない」と。

宇宙銀行のしくみのお話は、そんな憎しみを募らせる宗教などなくても、人は幸せに生きられるよ…という話なので、

宗教からはかけ離れていて、むしろ「神との対

話」の神さまが言っていることと同じなのです。

使命感から伝えたいのです

今日も聞かれました。ISD個性心理学の診断などもしているのに、どうして宇宙銀行のしくみを伝えたいのか?と。

ひとことで言うと「使命感」かもしれません。

私がまだ20代の若かりし頃から、ずっと興味のあった世界がすべてここに入っていたと知りました。

それから教えてもらったことを実践して、他の人に心からの愛を向けることが出来るようになりました。

はじめは、「私はまだ、宇宙銀行を使いこなせていない」と思っていたので、人に伝えるなんて出来ないと思っていました。

でも、平行してパワーパーソンに会い、数ヶ月の間に、敏感に「感じられる」ようになり、宇宙銀行を「実感として伝えられる」と思うようになったのです。

私はこの宇宙銀行のしくみを1人でも多くの人に伝えたいと思うようになって、

師匠のぴろりんに教えを乞いました。それを私の使命だと感じたのです。

 

この名刺は、そんな私の使命感を認めてくれた札幌の方が作ってくださいました。

この方は、そんな使命を持った人の名刺を作ることを使命としていらっしゃるようで、彼の「名刺作成する人のリスト」に入っている方のみ、作ってもらえるのだと聞いています。

私にも作ってもらえるのか、少し心配でしたが、こんなステキなエネルギー溢れる名刺を作って頂くことが出来ました。

私のハイヤーセルフとつながって、私のイメージで作って下さったこの名刺は宝物です。

裏には可愛い天使がいます。

特別なエネルギーが入っているそうですので、私とお会いして実物を手にしてみてくださいね!

いつか当たり前になる世の中になって欲しいなぁ。

宇宙人アミちゃんの本(過去記事はこちら)の中の高度な魂の世界では、宇宙銀行のしくみのような話が当たり前の世界です。

もっともっと愛にあふれていて、言葉もいらない、争いの無い世界。

地球はまだまだこのレベルにはないようですから、魂の修行にもってこい!の星なのですよね。

でも私の子どもの頃よりは、暴力でしつける親や教師は少なくなったし、社会全体が優しくなっていると思うし、スピリチュアルに長けた人が多くなった気がするし、若い子の魂は素晴らしいし、この調子なら、私が死ぬ頃にはすごくレベルの高い日本になっているかもしれませんね!

私がそのお役にほんの少しでも立てたら…と思うわけです。

なんだか大げさになってますが、今日、「どうしてやってるの?」と聞かれて、改めて自問自答して、やはりここにたどり着くんだということを確認出来ました。

ね!日々の出来事に意味のないことは無いんですよね!

楽しいね!

今日も読んで下さってありがとうございました。

明日も愛と感謝いっぱいで過ごせますように。

「自分も周りもしあわせにする宇宙銀行のしくみ」神しばい

2月6日(火曜日)10:30〜

場所 : 横浜駅から徒歩3分

講座費 : 4500円

ピンと来た方はお待ちしています!(要予約)

宇宙銀行のしくみ, 日々の感じたこと

しくみを知って、心の鬼退治を!

節分によせて…地域の小学校便りより

主任児童委員をしている私の元には毎月、担当小学校からお便りが届きます。

先日届いたお便りには副校長先生の「節分によせて」のコラムがありました。

以下、抜粋です。

中国では古来より、季節の変わり目には邪気(邪鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊払いの儀式が執り行われました。

〜中略〜

2月3日の節分の日には、ご家庭でも「豆まき」の行事に取り組んでいただき、「鬼」や日本の風習について話し合ってほしいと思います。

私たち人間の心の中にも鬼が棲むと言われています。欲望や嫉妬、憎しみの感情等です。節分の日を機会に、私たちの心の中に巣食う小さな鬼を退治し、清々しい気持ちで一年を過ごしていきたいものです。

引用終わり)

欲求は必要ですが…

人がこの世で生活するためには欲求も必要です。大変精神性の高い方で飲まず食わずで生きていらっしゃる方がいますが、大抵の場合「食べたい」という欲求が無いと、生きてはいけません。

人にはいろんな欲求・欲望があって、それがあるからこそ「より良くなりたい」と思えるのだと思いますし、だからこそ人間なのだと思いますから、決して欲求・欲望が良くないわけではないわけです。

でも出来るなら「嫉妬やねたみ・憎しみ」の感情は早く手放したいですよね。

・「出来ない」と言える人は気楽で良いわよね

・ 出来る人ばかり大変な思いをするのは不公平だわ

・ いつも〜してあげてるのに、お礼の言葉も無いわ

・私は〜してるのに、あの人はどうしてしないの?

私は以前は、こんな風に思うことがよくありました。もちろん、初めは喜んで楽しんでやっていることなのですが、それが積み重なると、こういう愚痴が出て来ていました。

宇宙銀行のしくみを知って…

「自分も周りもしあわせにする宇宙銀行のしくみ」を聞いて、こんな風に思わなくて済む方法を知りました。それからは世界が変わりましたよ。自分って素晴らしいと心から思え、周りの人にも愛たっぷりの感情でいられる自分になって、またそんな自分を好きになる。ちょっとイラッとすることはあっても、すぐに元の自分に戻れるようにもなりました。出会う人には心からの愛を送れる私になれて、本当に世界が変わりました。その覚醒に似た感覚になったのは、ちょうど昨年の1月くらいからですから、1年で別人です。

心に鬼が棲みつかない方法を伝えたいのです

若い人は、精神より肉体優先なことが多いので、こういうことにあまり響かない人が多いのですが、40代後半から50代の方は、魂が「そろそろ気づきませんか?」とでも言っているように、こういった話が心に響く人が多いように思います。

これに気がつくのは早い方が良い!(^○^)

しあわせは自分が決めていること、イヤな感情を早く手放す方法など、宇宙銀行のしくみのお話の中には、いろんな気づきがあると言っていただいています。(メニュー→お客様の声をご覧ください)

宇宙銀行のしくみお話会のご案内

2/6(火曜日)10:30から 横浜駅徒歩3分

お一人様4500円

あと数名余裕があります。

お申込みは「メニュー→お問い合わせ」からどうぞ。

宇宙銀行のしくみ

「宇宙銀行のしくみ」お伝えしていきます。

先月末に「宇宙銀行アドバイザー」の認定を受けたもりざわ じゅんこです。

「宇宙銀行」って、なんやねん⁈ って、初めてその言葉を聞いた時は、思いましたよ。

宇宙銀行のしくみを聞いてみたら、私が興味あって読んだ本や映画などのブツブツ切れていたものが一本につながった感じがしました。

腑に落ちる…っていう感覚。

それから、私の人生は方向転換し、ものすごく幸せな私が出来上がって、今に至っています。

でも、最近ずっと頻繁に見ていたエンゼルナンバーをここ数日、見なくなりました。

あー、やっぱりあれはエンゼルナンバーだったんだわ…と、それを見なくなったことで確信しました。

これからまた、成長できるかもしれない予感です。

ある本で知った「魔法の言葉」を言ったときに、その言葉に違和感を感じなかったので、そう感じたの。

これは先日お友達に教えてもらって私が初めてパステルで描いた「天使ちゃん」です。

お空から私のところに舞い降りて来てくれているところ…のつもり(≧∇≦)

うーん(≧∇≦)

もっと思ったように描けるようになりたいなぁ(^○^)

と、そんなわけで?

私、宇宙銀行アドバイザー®︎になりました。

これから皆さまに聴いて頂ければとてもうれしいです。

聴いてくださったことが、自分を大好きになって、人のことも大好きになって、自分の人生をわくわくで生きるキッカケになればこんなにうれしいことはありません。

お話会は3名以上で開催します。

たくさんの笑顔のために、どうぞ私をあなたのところに呼んでくださいね!

よろしくお願いします。

宇宙銀行については「メニュー」からご覧くださいね。

日々の感じたこと

内側を見る

先日紹介した「宇宙人 アミちゃん」のシリーズ。
最後に書かれていたことは、

「内側をみる」ということについてでした。

IMG_8488

以下、アミちゃんの言葉の引用です。

「きみたちの文明では、すべてが表面の問題なんだ…
つまりきみたちが注意をはらうのは外部だけ、
内部のことはさっぱりだ」

「きみたちがどんなものであれ、その外部にしか
目を向けていないからだよ。
他人についても、自分についてさえ
この調子なんだ。
気にするのは表面的なことばっかり。
内部のことはまるっきり無視しているんだ」

「そうやって、外部にばかりにかんしんをむけているから、
いつまでたってもほんとうの自分を知らないままなんだ。
だって自分の心の中をまともに見ようとしないんだもんね」

「つまりは…
内部ー精神的なもの、デリケートなことがらーよりも
外部ーはっきりと目に見えるもの、かたちあるものー
がだいじにされる世界に住んでいるってことなんだ。

だから、ほんとうはいつだって、
一人ひとりの中に原因があるはずなのに、
すぐに問題を他人のせいにしようとする」

まさに、私がアメリカツアーの2週間の間にLさんに
言われていたこと。

「じゅんちゃん、
自分の内側を見なさい」

私の脳波はいつも動いている。
人のことを気にしすぎている。
自分の内側を見なさい。

彼女はそう教えてくれました。

あれから半年経った今の私は
かなりそれが出来てきたと思うけど
今度Lさんにお会いしたときに
今の私はどう?って、聞いてみたいなぁと
思っています。

アミちゃんシリーズ、
まだ読んだことがなかったら
読んでみてね。
これはほとんど本当のことだと
(表現は違うけど)
私はLさんにお会いしたから
そう思います。

ブログ村のランキングに参加しています。良かったらポチっとお願いします。↓

心理、魂、名言、感動する話, 本・映画

お子さんがママを選んでくるんだよ。

おはようございます。

先日、小学校のふれあい給食会で2年生の子ども達に「子どもが4人、犬も4匹います!」と自己紹介したら「えー!」とのけぞり反応してもらいました。

お空では人気のあるお母さんが居るといいます。それはそのお母さんになる人が、良い人だとか、綺麗だとかよりも(そういう理由もあるでしょうけど)これから自分がこのお母さんを幸せにしてあげるんだ!という使命感を感じられる人なんだろうと思います。

つまりは助け甲斐がある…ママなんじゃないかな?と、子沢山の未熟な私は思います。

人間が出来ていて、1人でも大丈夫な人にはあまりたくさんの子ども達はやって来ないんじゃないかな?

そんな風に思っています。

最近、2冊の本に出会いました。


神さまが味方するすごいお祈り
よく神さまにお願いするときは、完了形ですると良いよ…とか聞きますよね。

その意味がわかりました。それは神さまを全面的に信頼しているから、必ず奇跡が起こると分かっているから、奇跡をありがとうございます…と言えるんだということが。自分が奇跡を起こすわけではないので、神さまを信じられるかどうか、ただそれだけなんですね。
そして、著者の佐川奈津子さんと対談していた方が書いた本がこちら。この4月に発行されたばかりの本。


子どもはママのちっちゃな神さま
これ本の内容は私は知っていたことなのですが、知らない人に、是非読んで頂きたいと思いました。子ども達がママを選んでくるんだよ!ってね。

これを知れば、お子さんに対する根本的な接し方が変わってきますよね。育ててもらっているのは、自分だよ…って気がつくはず。

たくさんのママたちに読んで欲しいと思います。

私がこれからお伝えしていこうとしている「宇宙銀行のしくみ」の中にも、こんなことが出てきます。皆さんにお伝えする日が楽しみだなぁ。

ここまでお読み頂いてありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。良かったらポチっとお願いします。↓