ISD個性心理学とは

ISD個性心理学は統計学です。

ISD個性心理学は、生年月日から個性を導き出す統計学です。人を3分類から103万6800通りにまで分類しました。

「〇〇の人はこういう傾向にある」というもの。決してその人のすべてを決めつけるものではありません。

自分の生まれ持った個性」を知ることで「物の考え方や行動のタイプ」「強み」などがわかります。「人の個性」を知ることで「自分とは違う」ことを認められるようになります。

より豊かなコミュニケーションに、ISD個性心理学がお役に立ちます。

明らかに認める=あきらめることによって、相手を変えようとしなくても「自分の許容範囲」が拡がります。それがISD個性心理学です。

 

​こんなお悩み、ありませんか?

ご主人やお友達との人間関係についてこんな風に思ったりしませんか?

☑ どうしてそんな風に考えるの?

☑ あの人には話が全然伝わらないわ。

☑ 普通はこうすると思うんだけどなぁ。

☑ どうしてそんなことが気になるのかなぁ。

☑ なんだかあの人、面倒くさいなぁ。

☑ なぜ、そんな風に割り切れるのかなぁ?

などなど、人間関係のハテナ?がわかります。

人に明らかな「タイプの違い」があるとしたら、そのタイプを知りたいと思いませんか?

タイプの違いが明らかになると、

無駄なストレスがなくなりますよ(*^^*)

ISD個性心理学で人間関係のストレスが減ることを願っています。