エッセンシャルオイル

アロマワックスバー、CBD、ハンドマッサージ

今日は青山でシェア会を開催しました。

お久しぶりの方にも会えて、ワックスバー作りは楽しくて、ステキな時間を過ごせました。

作り方が分かればあとは自分でアレンジ出来るのが良いね!と、今日は色を付けてみました。

これ全部100均素材なので、素材を変えてオシャレにも出来るわね!

どんな風にエッセンシャルオイルを使っているかをシェアしたり、

ハンドマッサージをお互いにやってみたり…

Lさんから教えてもらったCBDオイルのこと…なども、お伝えできました。

来てくれたUちゃん、Kちゃん、ありがとうございました。

同じものを作っても、色の違いや飾り方で 変わるものなのですよね。

お二人ともとても上手(^○^)

私は今日は四角いバーを作ってみましたよ。

楽しかったなぁ。

手もマッサージしてもらって良い香りで家に帰って来たところです。

高品質のエッセンシャルオイルを使いこなしたい方はご連絡くださいませ。

広告
エッセンシャルオイル

エッセンシャルオイル シェア会

青山にてシェア会を開催します。

健康に役立てることができる高品質のエッセンシャルオイルを、どんな風に使っているのかをシェアするシェア会をほぼ毎月開催しています。

今回、残念ながらいつものメンバーの参加人数が少ないのでこちらからも告知させて頂きますね!

お時間が取れる方は、遠慮なくどうぞいらしてくださいませ。

2018年1月18日(木)13時から15時まで

参加費 1000円(グループメンバーは500円)

限定 残り3名さま

場所の詳細は、お申込みいただいた方にお伝えします。

アロマバーも作ります

今回のシェア会では、「アロマワックスバーの作り方を知ろう!」ということもやりますよ。

ロウソクの残りや家にあるドライフラワーでオリジナルのバーが作れたら、うれしいですよね!

それぞれ好きな色で作って頂きますので、お楽しみに!

お問い合わせ、お申込みはメニューの問い合わせ、またはコメントからどうぞ。

ご参加、お待ちしています。

追記 : 受け付けは終了いたしました。ありがとうございました。

エッセンシャルオイル

エッセンシャルオイルとは?

アロマオイルというものをよくわかっていませんでした。

部屋にディフューズするだけの使い方しか知らず、

これほど品質に違いがあって

嗅ぐだけでなく、塗ったり食べたりできるオイルがあるなんて…。

Lさんは世界中の病院でオイルを使って治療しているそうです。

日本ではまだまだ…だそうですが「メディカルアロマ」もかなり知られてきているみたいですね。

初心者の私がここまでオイルに魅せられてきたのは

Lさんの生き方と、最高品質のCPTGオイルに感動したからです。

少しづつ、学んだことをシェアしていきたいと思っています。

【エッセンシャルオイルとは?】

植物の有効成分を高濃度に含む芳香物質

芳香植物3500種類のうち、精油が取れるのは約200種類。
ラヴェンダー

エッセンシャルオイルは、植物の
「花」
「つぼみ」
「種」
「皮」
「葉」
「樹脂」
「果皮」
などの細胞組織内にある「油のう」と呼ばれる小さな袋から抽出し、蒸留して作る液体です。

植物油のような脂質や脂肪酸を含んでいないため、肌触りがさっぱりとしていて心地よく、肌にすぐに吸収されます。

純粋で不純物の入っていないエッセンシャルオイルは半透明で、色は水晶のように透明なものから濃いブルーまでいろいろあります。

品質を左右する3つの要因

イランイラン

1.原料植物の品質

植物の抽出部位、土壌の状態、有機肥料か化学肥料か、地理・気候・標高・収穫時期・収穫手法・蒸留工程など、さまざまに影響をうけます。

2.抽出の仕方

原料植物によって「圧力」「抽出時間」が異なるため、抽出には豊かな経験と高い技術が必要。

手早くオイルを大量生産するために、高圧、高温、急速加工をするものは、香りも良くコストも安いが、期待したセラピー効果を得るための化学成分がほとんど欠けている。

3.原料の調達

「科学的同質異化現象」

原産国それぞれの成分を調べると、有効とされる成分が少なかったり多かったりバラバラなので、環境要因を調査し、成分を調べてから調達先を選ぶことが大事。

CPTG認定のエッセンシャルオイル

CPTGとは、認定純粋セラピー等級(Certified Pure Therapeutic Grade)のこと。

最高純度のオイルを生成するのは非常にコストがかかる。
メリッサ
純度100%のメリッサ・オイル1mlは、海外では9,000ドルから15,000ドルで売られています。
1ml生成するのに3トンの植物を使う必要があるから。それだけ成分が濃縮されているということ。

純粋なオイルにはさまざまな作用がある

1.分子が小さいので、さっと肌に浸透し代謝される。

エッセンシャルオイルは炭素が多く水に溶けないが、脂質には溶けるので、酸素不足で細胞壁が硬くなっていても細胞壁を通過できる。

摂取してから20分で身体の全細胞に影響を与え、他の栄養素と同じように代謝されるのが明らかになっています。

2.必要な酸素の供給を助けます。

エッセンシャルオイルには酸素分子が入っていて、栄養を運搬するのに役立ちます。酸素が足りないと栄養が足りなくなって病気を引き起こしてしまいます。必要な酸素を供給すれば、免疫系も刺激することができます。

3.抗酸化剤としての働き

エッセンシャルオイルは強力な抗酸化剤です。抗酸化剤はフリーラジカル(活性酸素)にとって居心地の悪い環境を作り出します。さまざまな変異を防いで、真菌と細胞酸化を防止します。

4.様々な作用

・抗バクテリア

・抗ガン

・抗感染

・抗微生物

・抗腫瘍

・抗寄生虫

・抗ウィルス

・防腐作用

バクテリアやウィルスを破壊しつつ、身体のバランスを刺激して回復させることが判明しています。

5.デトックスをサポート

セスキペルテンが入っているオイルは血液脳関門を通過できるので、海外では以下の治療に使われています。

・アルツハイマー病

・ルーゲーリック病(筋委縮性側索硬化症)

・パーキンソン病

・多発性硬化症

6.散布すると空気を浄化します

空気中から金属粒と毒素を除去→

空気中の酸素が増加→

オゾンと陰イオンが増加→

バクテリアの増殖を抑制→

カビ、たばこ、動物の臭いを消臭→

空気にさわやかな香りが漂う

7.感情のバランスを整え、心に働きかける。

(以上「エッセンシャルオイル家庭医学事典」より抜粋)

CPTGオイル…本当にすごいですよね。

私は今まで、栄養を「補う」栄養学を学んで実践していましたが、実は「デトックス」が今の時代はとても大事で、オイルでそれが出来ると知りました。

「吸ってもよし、塗っても良し、食べても良し」

だからCPTGオイルは、すごい!!のです。

(食べられないオイルもありますし、自己責任で口に入れてください。日本では一般にはオイルは口に入れないように…とされていますが、海外ではOKという謎の日本です。自己責任でお願いします)

_________________

ブログ村のランキングに参加しています。ポチっとお願いします。↓