自分の感情に従うことと、頭で拒否することの違い

感情に従う

自分で選んでやっていることなのに、
何故だか気がすすまないことってありませんか?

そんな時、どうしていますか?

時と場合にもよりますが
最近の私はその感覚(感情)に
なるべく従っています。

今日も役割として行くべき場所があったのですが、
他に気になることもあり、
体調も今ひとつな感じだったので
思い切って「行かない」選択をしました。

だって、このまま行ってもきっと楽しめないと思ったし、そんな私だと周りに悪い影響を与えてしまうかもしれないんだもん。

真面目なレール「リアリティ」の私には
この「やめる」ということが
以前はとても苦手でした。

責任感から、気がすすまない日でも
無理矢理そのことをこなしていたのですが、
そういう日は心の余裕がないから、
何となく理由もなくイライラしていたり
トゲトゲが出ていたりしていました。

私が行かないと、人に迷惑がかかってしまう…と思っていたので
「行かなくてはいけない」と思ってたのね。

確かに行かないと人数が減って、迷惑がかかるかもしれないけど、
「私が優先すべきは、自分の感情だ」
と分かってからは、自分の感情を大事にして、
迷惑をかけちゃう相手に対しては
「受け入れてくれてありがとうございます」
と精一杯の感謝を送ることにしたのです。

そうすることで、私が喜ぶ。
その想いが他のところで良い影響を与えられるかもしれないしね。

頭で拒否するのは「恐れ」があるから。

この感情に従うっていうのは、
頭で拒否するのとは、違うんですよね。

頭で拒否する時は、
それを「知らない」ことからくる「恐れ」があったりするので、
知らないを「分かった」に変えてあげると
その恐れが消えたりするわけですから。

どうしてそんなことを拒否するの?と思う人は、
大抵「恐れ」を持っているんです。

「私を変えられるんじゃないかしら」
「お金を取られるんじゃないかしら」
「この人を信じて良いのかしら」
「ちゃんと出来るのかしら」

こんな風に恐れだらけの人っていますよね(≧∀≦)

何を恐れているの?

「私は絶対に変わらないから!」
「お金を絶対に奪われないから!」
「誰も信じないから!」
「どうせ私には無駄なんだから!」

そうやって、かたくなになってる人…
本人は気がついていないことが多いけど
勿体無いなぁ〜〜と思います。

もっと心を柔らかくオープンにしたら
新しい世界が拓けるのに…って思います。

「恐れ」はまたそれを呼んでしまうんだよ。
大丈夫だよ。
誰もあなたを傷つけたりしないよ。

ガチガチに固くなった心、
温めてあげるからね〜(^○^)

ISD個性心理学の診断シートをお申し込み頂くと、
30分の電話かスカイプ解説をしますよ。
(または、メールのやり取り3回まで)
あなたの本来の姿を「統計学」から
客観的に診断しますから、
目からウロコ…かもしれません。
(私はそうでした)

ボイスマルシェ電話相談もあります。

どちらもメニューからお申し込みくださいね!

ここまでお読み頂いてありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。良かったらポチっとお願いします。↓

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中