心理、魂、名言、感動する話

お子さんのことを理解したいの?自分の気持ちを分かって欲しいの?

wild-flowers-571940_960_720

かつて不登校になった我が子に話をするときに

私がやってしまっていたことがあります。

子どもの話を聞こうと思っていたはずなのに、

いつの間にか自分の気持ちを話していたということ。

「どうして親の気持ちがわからないの?」って。

これは冷静になって考えれば、私が自分の気持ちをわかってもらいたかっただけで

子どもには何も関係のない、響かない言葉だったのですよね。

こういうこと、よくあると思います。

不登校になったお子さんというのは、あまりすらすら原因や気持ちを話したりしませんよね。

もともとおしゃべりで「ねぇ、聞いて聞いて~!」というタイプのお子さんや、ママに何でも話すようなお子さんは、よほどの原因がなければ不登校になりにくいでしょう。

不登校になるほど身体が拒否をして、心が閉じてしまっている状態のお子さんは普段以上に、多くを話さなくなっていると思います。

そんなお子さんに話しかけても、ポンポン返事が返ってくることは少ないので、話しているうちに親はイライラしてしまって、自分の気持ちを分かってもらいたくなるんですよね。

「どうして、親の気持ちがわからないの?」なんて言ったところで、子どもにしてみたら「そんなこと、知ったこっちゃない」あるいは、「そんなこと、言われなくてもわかってる」という気持ちになりますよね。

「ほら、親は自分のことしか考えてない。私の話なんて聞く気もないんだ。」とお子さんはかえって心を閉ざしてしまうかもしれません。

ここはまずは「お子さんのことをわかろうとする!と心に誓う」しかないようです。

「自分のことは話さない。子どもが話すことを黙ってうんうん、と聞く」と自分と約束をしてから、子どもに話しかける。

これを自分に言い聞かせないで話したときは失敗しました。

これが簡単に出来ない関係というのも、実はISD個性心理学の「話の流れ」が関係するのですが、それはさておき、

「私は子どもの気持ちを本当に理解したいのか?

それとも、自分の気持ちを子どもに分かって欲しいのか?」

一度、ご自分に問いかけてみてくださいね。

お子さんのことを理解しようとしないで、自分の言いたいことをいうのはNGですからね~。

そして「話の流れ」を知っておきたい方、何となくわかっているけど確認しておきたい方は「ファミリー個性診断」を受けてみてくださいね。

___________________________________
ブログ村のランキングに参加しています。良かったらポチっとお願いします。↓

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中